何もしない時間を持つことが大事

身体の不調はどんなことでも、やはり嫌なものです。
体調が悪くなるといつも、健康のありがたさを感じてしまいます。

 

私の場合は生活習慣が乱れてくると、体調不良になりやすいようです。
今までの数々の失敗から学んで、今では早寝早起きを実践しています。

 

特に就寝前の過ごし方が睡眠の質を変えているようです。
毎日、仕事や人間関係などさまざまなストレスがかかっています。

 

それらをその日のうちに解消していくことが大切です。
そのためにも、1日の終わりに何もしないでただボーっと横になる時間が必要なようです。

 

睡眠は寝るという作業があるので、ある意味眠らないといけないと考えてしまいます。
しかし、単にボーっとしている時間は、とにかく何も考えずにすべてから自分を解放する時間です。

 

この時間を持つことで、1日のストレスから解放されるようです。